FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲賀三郎探偵小説コレクション1

甲賀三郎探偵小説コレクション1

ニウルンベルクの名画



     一

 ニウルンベルクの古城内で、有名な様々の拷問道具を見物して、少し憂鬱になった松坂鶴輔(つるすけ)は、城外に出るとわざと貸馬車(ドロシュケ)に乗らないで、ベデカー案内書の地図を頼りに、市中の方へ歩いて行った。もう午後の一時過ぎだったので、彼は適当なレストラントを見つけて昼食を執(と)る積(つも)りだった。日本ならば陽春四月と云う時を、ここでは空は毎日のように一面に灰色の密雲に蔽(おお)われて、陰鬱な町を一層陰鬱にしていた。
 ニウルンベルクはベルリンの南、急行列車で十時間行程に当り、ミュンヘンの少し手前にある南ドイツ有数の都会で、人口三十三万と称するのだが、中世紀都市の姿をそのまま残し伝えている事、他に比類なしと云われているだけに、頗(すこぶ)る古めかしい町で、周囲には高い灰色の城壁を廻らし、城門には傾きかかった円形の塔が聳え、不規則な多角形をした古色蒼然とした建物の間には、凸凹(でこぼこ)した石を一面に敷詰めた苔の生えたような路がうねっていた。
 さて、松坂はこの異国人(フレムデ)に取って余りに不規則な古代都市の道路を、覚束(おぼつか)なくも地図を頼りに進んで行ったのだが、道は或時は広く或時は狭く、又どうかすると先の方が急に広くなって、行止りの袋広場になったりした。そんな所で、まごまごしていると、汚い青物の籠を腕に抱えた意地の悪そうな老婆にジロジロ睨まれて、冷汗を掻きながらあわてて元の路に引返したりしなければならなかった。
 そのうちに彼は狭苦しい横丁の突当りとも通抜けられるともつかない所に、軒の傾いた古いうちにも特別に古い家があって、その二階の壁にその半(なかば)以上を占領する大きな広告板が掲げてあるのが眼についた。それには別に絵はなく、ただ文字だけだったが、読んで見ると、数世紀間連綿として続いているレストラントで、世に有名なものであると、誇らしげに書かれていたのだった。恰度(ちょうど)昼食をしたいと思っていた所だったので、彼は何の気なしに扉(ドア)に手をかけた。が、中を覗き込んだ瞬間に彼はすっかり後悔してしまった。
 もしこの料理店が誇り得べき何ものかを持っているとしたら、それは数百年と云う古さだけだった。内部(なか)は陰気臭い土間で、高々(たかだか)四五人の人が肩を並べ得る位の広さだったし、卓子(テーブル)の板は半分は腐っているようで、椅子もまた卓子に対して、恥かしくないだけの年代を経たものらしく、すべての事情が彼を躊躇させるように出来ていた。もしこれが夜だったら、他に客でもいたかしたら、彼はそのまま立去ったかも知れなかったが、昼間である事が彼を勇気づけたし、好ましくない相客のいない事が彼に安心を与えて、それにこうした古い店では案外酒落(しゃれ)たものを食わせるかも知れないと云う好奇心も手伝って、彼は思切って中へ這入(はい)ったのだった。
 しかし、彼は直ぐに後悔した。期待した料理は極(ご)くありふれたもので、しかも大して旨くもなかったし、それに彼が椅子に腰を下すと、間もなく風体の余り好くない客が二人這入って来て、頗る無遠慮に振舞い出したので、彼はすっかり不愉快になってしまったのだった。
 ドイツ人の癖として昼飯にも各自(めいめい)ビールのコップを控えて、チビチビやりながら悠々と食事を執るのが例で、松坂もいつもは喜んでその例に倣(なら)うのだったが、今日ばかりはすっかり閉口して、一刻も早くこの家を出たいと、急いでコップのビールを呑み干しながら、見るともなく窓の外を見た。
 そこは小さい広場になっていた、つまり日本で云えば長屋の共同干場と云ったような所だったが、その広場を越えて向うの、この料理店と比較して、決して年代の新しくないと思われる所の、崩れかかったような家の窓際に、何かに屈託(くったく)したような風に、青白い栄養不良な顔をした少女がポツねんと坐っていた。
 しかし、松坂の眼を惹いたのはその少女ではなかった。少女の肩越しに見える室の突当りの壁に掛っている所の、煤けた古い油絵の額が、彼の眼についたのだった。
 松坂は日本を出てから三年、ドイツに来てから二年程になっていた。一体彼がどうして洋行を思い立ったかと云うと、彼は父の遺して行った多くの事業を継承して、経営して行くと云う事が煩わしくて耐(たま)らなかったので、彼はそれらの事業を、それぞれ人手に委(まか)してしまって、別に何の目的もなかったが、逃げるようにして、外国にやって来たのだった。
 彼は外国に来て、ホッと息をついた。始めて安住する所が見つかったと思った。ここでは何をするにしても、故国のように周囲の人に一々気兼(きがね)をする必要がなく、思う存分自由に気儘(きまま)に拘束されない真の生活が出来るような気がした。
 彼は彼の父の意志に従って、法科を出たけれども、彼は元来そんな事は嫌いで、文学的な方面が好きで、云わば一個の芸術愛好者だった。で、父親が死ぬと直ぐに好きな道に走り、事業の方は他人委せで、こうして外国に遊学に出て、言葉がいくらか出来る関係から、ドイツに落着いたのだったが、当初文学を研究しようと、志していた彼の考えはいつか絵画の方に変っていた。と云っても飽くまで芸術愛好家である彼は、単に鑑賞家であるに止(とどま)って、自ら描こうと云うのではなかった。又その鑑賞にしてもごく素人的で、組織だった学問を修めようとはしなかった。
 そんな訳で、彼の絵画に関する鑑賞力は頗る怪しいものだった。彼は日本にいる時は、絵画殊に洋画には甚だ冷淡で、展覧会などでも、洋画は素通りしてしまう位だった。ところが、外国へ来て方々の美術館で古来の名画と云われているものを見ると、考えがガラリと変った。日本人の洋画は欧米のどの国に出しても、少しも恥かしくないものだそうではあるが、やはり画そのものが西洋のもので、日本人にしっくりしない、どこかに隙があるように思える。ところが西洋の土を踏んで、西洋画を見ると、それが西洋人の筆になろうとも、日本人の画いたものであろうとも、何となく迫って来るものがあるように思えるのだった。殊にそれが名画として、何人からも許されているものであればあるだけ、一層頭が下るような気がした。
 彼は金と暇に飽(あ)かせて、諸国の美術館を歴訪して、古典的名画を貪るように鑑賞した。彼には未だ現代の絵画を見る力と余裕がなかった。それは恰度演劇と云うものに始めて接する人が、先ず歌舞伎劇の好さに陶酔するようなもので、松坂はただ訳もなく古名画に惹きつけられるのだった。
 そのうちに彼は名画を所有したいと云う慾望を起すようになった。と云っても、著名な美術館に珍蔵されている名画が手に入る訳がない。彼はそれらの模写で我慢をしなければならなかった。一口に模写と云っても後世の名工が写したのもあるし、中には原画に劣らぬ声価を持っているものもある位で、それらのものを蒐めるために、彼は少なからぬ金を投じた。
 彼は又一方では埋もれた名画を漁(あさ)り歩く趣味を覚えた。ずっと新しい話ではあるが、有名なミレーの画さえ、名もない百姓家の物置に放り込まれていた事がある位であるから、松坂の探し出したうちにも稀には逸品がある事もないではなかったので、彼は益々乗気になって買求めて、今までは彼のコレクションも相当の数に達し、どこへ出しても恥かしくない名品も二三は交っていたのだった。
 こう云う有様だったから、今彼がニウルンベルクの料理店の窓から、隣家の貧しそうな家に掛っている古ぼけた油絵に眼を光らしたのも、決して不思議ではなかった。いや、不思議どころではない、今度の彼の旅行は全くこうした目的のためだったので、現に彼はミュンヘンで、かなり多くの古画を買ったので、ニウルンベルクは人も知る一代の巨匠アルブレヒト・ヂウラーが、十五世紀から十六世紀にかけて、遥かに伊太利(イタリー)文芸復興期の名匠と拮抗して下らず、ドイツ画壇に燦然として光輝を放っていた所であり、彼の画塾に集る者も甚だ多かったから、現在ではヂウラーの作は殆ど散逸して、ウィーン、ミュンヘン、ベルリンの美術館に納められて、反(かえ)ってニウルンベルクには余り見られない有様だけれども、何かしら掘出しものがあるに違いないと、確信していた矢先だったので、図(はから)ずも、古い画を見つけた彼はもう有頂天になっていたのだった。
 松坂は早々に払いを済ますと、直ぐに裏に廻って、青白い顔をした少女の家を叩いて、古い油絵を見せてくれるように頼んだ。
 少女と入代(いりかわ)りに少女の母らしい、見すぼらしい服装(なり)はしているが、どこか気品のある女が出て来て、怪訝そうに松坂の顔を見たが、こうした交渉には彼は大分馴れていたので、彼は間もなく彼女に取入って、どうやら油絵を見せて貰える事になった。
 油絵を一目見ると、彼はもうすっかり惚れ込んでしまった。絵は一度洗って見なければ何が描かれているのか分らぬ程汚れて、頑丈な額縁も真黒に煤けていたが、どうやら四使徒の一人が描かれているらしく、筆触もヂウラーか、余程ヂウラーに近い画家のもののように思えるのだった。
「私は日本人で、こう云う古い絵に深い趣味を持っているものだが、この絵を譲って貰えないだろうか」
 松坂は主婦に向って単刀直入に切出して、彼女に取ってはかなり莫大な金額を提供した。
「これは先祖から伝っているものだで」主婦はちょっと当惑したような顔をしたが、結局金の誘惑には勝てなかった。
「でもなあ、この絵もそう云う好きな人の手に這入って、大切にして貰ったら、幸福(しあわせ)じゃわな。ミッチェン」
 彼女は青白い顔をした少女を振向きながら優しく呼びかけたが、急に早口になって、彼女が早く夫に死別した事、長男と次男とを戦争のために死なした事、戦後の革命騒ぎですっかり無一文になってしまった事などを、涙交(まじ)りに松坂に訴え始めた。彼女はつまりそうした哀れな話によって、先祖伝来のものを異国人に売り渡すと云う事について、彼女の良心を欺こうとしているのに相違なかった。
 松坂は好い加減に彼女をあしらいながら、とうとう彼のつけた値で、その古ぼけた画を買取る事に成功した。
 画がいよいよ運び出されようとする時に、主婦は画の前に跪(ひざまず)づいて、熱心に何事かを祈り出した。しかし、松坂から金を受取った時には、流石に喜びの色が顔に溢れていた。
 松坂も嬉しさを噛み殺しながら、荷造された画をベルリンの彼の下宿に送り届けさせるべく、町の運送屋を指図した。彼はこの時に、後年この画のために、日本で奇妙な事件を惹き起そうなどとは、無論、夢にも考えていなかった。
 その夜彼はニウルンベルクの一室で、今日の思わぬ収獲を喜びながら、快い眠りについていた。


つづきはこちらで





あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!『遺伝子博士』×ぴったりシャンプーコース

男の自信がそそり立つ。クラチャイダム100%サプリが500円(税抜)!


PR

最新記事

CM

カテゴリー

CM

リンク

検索フォーム

おすすめリンク

トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-
メルマジックスアカデミー
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
ワンちゃんがとけちゃうドッグマッサージ 近藤千津子
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~
◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター
川村明宏のジニアス記憶術
テレビ朝日系コンテスト全国1位アナウンサーが教える!あがり症を克服し人前で強くなる!「話し方」パーフェクト
天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】
警察官採用試験完全合格法
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
和田秀樹の受験の方程式
公務員面接試験一発合格講座
オウム返しをするだけで英語が次々口から飛び出す!スピーキングパワー
乙種第4類危険物取扱者
トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-
自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」
◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)
マカでも葉酸でも授からなかったのに…しっかり届く妊活サプリ【スルーラ】
次はあなたがママになる。そんな至福の喜びを。【スルーラ】
【送料無料】フラセラプレミアムトライアル 1,800円+税

PR

生活の悩みを解決


うるおい生活リンリン本舗

美容健康情報

学習・自己啓発情報

家庭と暮らしの情報

楽天

ランキング

クオメム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。